Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎」や「Shuriken」などにコード実行の脆弱性 - アップデートが公開

ジャストシステムは、「一太郎シリーズ」「Shuriken」など同社複数製品に脆弱性が存在するとして、アップデートを公開した。悪用された場合、第三者にパソコンを乗っ取られる可能性がある。

「一太郎」や「Shuriken」「ジャストスクール」など複数製品において、画像ファイルの処理にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2012-0269」が判明したもの。

また「一太郎」や「ジャストスクール」などは、ライブラリファイルの検索パスの設定に問題が存在。同脆弱性「CVE-2012-1242」を悪用されると、ファイルを読み込む際に、不正な「DLLファイル」を読み込むおそれがある。

これら脆弱性により、ユーザーが細工されたファイルを開いたり、ウェブサイトへ誘導され、埋め込まれた不正なファイルを意図せず開くなど攻撃を受けた場合、遠隔から任意のコードを実行され、パソコンの制御を乗っ取られる可能性がある。

「CVE-2012-0269」は、Georgia Tech Information Security CenterのTielei Wang氏が、Secuniaの脆弱性報告プログラム「SVCRP」を通じて報告。また「CVE-2012-1242」は、ラックの勝海直人氏が、情報処理推進機構(IPA)経由で報告し、JPCERTコーディネーションセンターがジャストシステムと調整を行った。

ジャストシステムでは、脆弱性を修正するアップデートモジュールを用意。利用者へ適用を推奨するとともに、不審なファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

関連製品は以下のとおり。

一太郎2011 創
一太郎2011/2010/2009/2008/2007/2006
一太郎ガバメント2010/2009/2008/2007/2006
一太郎ポータブル with oreplug
一太郎ビューア
ジャストスクール2010/2009
ジャストスクール
ジャストジャンプ4
ジャストフロンティア
oreplug
Shuriken 2010/2009/2008/2007/Pro4
Shuriken 2010 CE/2009 CE/2008 CE/2007 [Corporate Edition]/Pro4 [Corporate Edition]
歴史メール 戦国武将の密書/幕末志士の密書

(Security NEXT - 2012/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ