Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、「秘文」の新版を発表 - Androidや仮想デスクトップ環境へ対応

日立ソリューションズは、デバイス制御やデータの暗号化、インターネット経由によるデータの不正持ち出しの防止機能などを備えたセキュリティソリューションの新版「秘文 V10」を6月29日より発売する。

最新版では、Android端末において、内部メモリと外部メディアを暗号化できるソフトウェア「秘文AE SmartDevice Encryption」を追加。持ち出し端末経由の情報漏洩対策に活用できる。

またメディア暗号化製品「秘文AE Information Cypher」とデバイス制御製品「秘文AE Information Fortress」が仮想デスクトップ環境に対応。同環境下において、外部メディアへの持ち出しや印刷による情報漏洩を防止できる。

さらにファイル単位の持ち出し制御に対応する「秘文 Server Extension」と、ファイルに機密レベルを付加する「秘文AE SecurityPolicyEnforcer ServerAgent」を用意。ポリシーを設定し、持ち出しコンテンツのよりきめ細かいセキュリティ管理が行えるようになった。

導入にあたっては、「エンドポイント」「ファイルサーバ」「メールおよびウェブ」「スマートデバイス」から選択し、管理サーバである「秘文AE Server Extension」による一元管理に対応している。

(Security NEXT - 2012/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
日立ソ、不審アプリに復号化させない「秘文」最新版
機密情報の漏洩対策をまとめたハンドブック - 経産省
施錠可能で利用状況が一目瞭然のUSBメモリ管理ボックス