Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASRAC、「Share」で音楽ファイルを公開した男性2人を告訴

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、音楽ファイルを違法アップロードしたとして、著作権法違反で男性2人の告訴状を提出したと発表した。

同協会によれば、大阪府堺市の男性や東京都北区の男性を告訴したもので、いずれもファイル共有ソフト「Share」を利用してアップロードを行っていたという。

堺市の男性は、摘発を逃れるためにアップロードの痕跡を消去しながら、新曲のファイルを次々とネットワーク上に公開。一方、都内の男性は音楽ファイルのほかに、アニメの動画なども大量にアップロードしていたという。

(Security NEXT - 2012/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用