Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクター、セキュリティ対策費に1億1000万円 - 特損計上し業績予想を下方修正

ベクターは、セキュリティ対策費として特別損失を計上し、2012年3月期通期の業績予想を下方修正した。

3月に同社のサーバが4回にわたり不正アクセスを受けたことが発覚。同サーバに26万1161件の個人情報が保存されていたことから、これら情報が外部へ流出した可能性があるとして、調査を進めている。

同社では、今回の不正アクセスに関する調査や再発防止、顧客への補償など必要となるとして、情報セキュリティ対策費1億1000万円を特別損失として計上。

さらにまた法人税などが見込みより9000万円増加となることから、同期純損益の業績予想について、1月24日に発表した5600万円の赤字から2億5500万円の赤字へと下方修正した。

(Security NEXT - 2012/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ライブラリ「Swift Mailer」に脆弱性 - 修正パッチは未公開
3月に発生した不正アクセスの被害内容を確定、カード情報463件が流出 - ベクター最終報告
不正アクセスの調査完了は6月となる見込み - ベクター
カード情報含む最大26万件の個人情報が流出のおそれ - ベクター
ベクターに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ESTsoft、無料セキュリティ対策ソフトの提供を開始 - マニュアルも公開
IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開
2010年のMSセキュリティパッチは対前年比4割増 - 年間265件の脆弱性に対応
ポータルサイトで配布された一部オンラインソフトにウイルス - 開発環境「Delphi」経由で感染
BitDefenderの新バージョンが登場、法人向け販売も開始へ