Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駅職員がPASMO乗車履歴を不正入手、ネット書き込み - 東京メトロ

東京メトロにおいて、駅職員が顧客情報を不正に入手してインターネットへ書き込み、懲戒処分となっていたことがわかった。

同社によれば、飯田橋の職員が、2011年2月に顧客のICカード乗車券「PASMO」による乗車履歴を、駅改札窓口の係員操作機を利用して数回にわたり不正に入手。2月14日にインターネットの掲示板へ書き込みを行っていた。

翌15日に被害に気が付いた顧客より指摘を受け、同社が調査を実施、問題が発覚した。同社では同顧客に対して謝罪したが、顧客より要望があり公表を控えていたという。

同社では3月に職員を懲戒解雇。職員教育を実施し、8月にICカードがない状態で利用履歴が閲覧できないよう機器を改修したと説明している。

(Security NEXT - 2012/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認