Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイテク関係の警察安全相談は前年比約9%増となる8万1302件 - 5年間で約1.2倍に

警察庁は、2011年の警察安全相談の取り扱い状況について取りまとめた。取扱件数は146万1049件で前年から6万2060件増加した。

そのうち「不正アクセス」や「ネットオークション」「名誉棄損」などハイテク関連の相談件数は、全体の5.6%にあたる8万1302件。前年の7万4663件から6639件の増加となった。

過去5年間を推移を見ると、2009年から2010年にかけて約5000件の減少が見られたが、それ以外はおおむね増加傾向で、2007年の6万7666件から5年間で約1.2倍へと上昇している。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多