Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチ公開以降、「Windows Vista」へ「IE 9」導入時に不具合 - 回避策あり

4月11日以降、「Windows Vista」の環境で「Internet Explorer 9」へアップグレードすると、不具合が生じる可能性があることがわかった。

日本マイクロソフトのセキュリティチームによれば、4月11日以降、Windows Vistaで旧バージョンから最新版の「同9」へアップグレードすると、英語表記となり言語パックのインストールに失敗する現象が確認されているという。

自動更新、Windows Update、手動いずれの場合も影響を受ける。ただし、4月11日以前にアップグレードしている場合、同様の現象は発生しない。

11日はセキュリティ更新プログラムの公開日で、「IE」向けの更新プログラム「MS12-023」も公開していることから、同社では関連性を含めて調査を進めている。

同チームでは、不具合が発生したり、今後アップグレードを実施する際の回避策について、ブログで詳しく紹介している。

すでに不具合が生じている場合は、IE 9のアンインストールを実施。「IE 9」のプログラムをダウンロードし、実行ファイルに「/update-no」オプションを指定してインストール、さらに「MS12-023」を適用することにより、不具合を回避できるという。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も