Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F-Secureが「Flashback」無償駆除ツールを用意 - パッチ提供ない旧OS利用者は注意を

F-Secureは、「Mac OS X」におけるJavaの脆弱性を悪用するマルウェア「Flashback」の拡大を受け、独自に無償の対策ツールを開発し、提供を開始している。

今回同社が公開した「FlashbackRemoval.zip」は、システムをチェックし、「Flashback」を除去することができる無償ツール。検知結果のログを作成できるほか、感染発見時は、暗号化したZipファイルにより、マルウェアを隔離する。

Appleでは「Flashback」の除去機能を追加したアップデートの提供を米国時間12日より開始したが、F-Secureは、16%以上のユーザーが利用している「Mac OS X 10.5」やそれ以前のシステムでは、Javaのパッチが利用できないと危険性を指摘している。

今回のアップデートを適用できない旧バージョンのユーザーは、OSをアップデートするか、ブラウザによるJavaの利用を停止、もしくはアンインストールすることを同社では推奨しており、また同ツールで感染の有無を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
予告より1日前倒し、「Adobe Acrobat/Reader」アップデートが公開 - 脆弱性86件を修正
Adobe、10月2日に「Acrobat/Reader」の定例外アップデートを予定 - 前回更新から2週間足らず
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処