Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、ウェブ攻撃対策をワンストップで提供

ネットエージェントは、ウェブサイトが攻撃を受けた際に原因の究明やサービス継続を支援する新サービスを開始した。

今回同社が提供を開始した「Webインシデントハンドリングサービス」は、ウェブ改ざんやウェブへの不正侵入、サーバ内部データの流出など、ウェブサーバに対する攻撃対策に特化したインシデント対応サービス。

ログ調査による攻撃の発見や、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を利用した防御、フォレンジック専用解析ソフト「EnCace」を使用を利用した調査、リモートからの脆弱性の診断などを提供し、ウェブサイトにおける事業継続を支援。報告会を実施し、調査や診断の結果を説明する。

WAFはにはセキュアスカイ・テクノロジーの「Scutum」を活用。あらたな脆弱性についても、随時シグネチャを更新して対応し、サービスを止めずにウェブサーバの調査を実施することができるという。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ