Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、ウェブ攻撃対策をワンストップで提供

ネットエージェントは、ウェブサイトが攻撃を受けた際に原因の究明やサービス継続を支援する新サービスを開始した。

今回同社が提供を開始した「Webインシデントハンドリングサービス」は、ウェブ改ざんやウェブへの不正侵入、サーバ内部データの流出など、ウェブサーバに対する攻撃対策に特化したインシデント対応サービス。

ログ調査による攻撃の発見や、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を利用した防御、フォレンジック専用解析ソフト「EnCace」を使用を利用した調査、リモートからの脆弱性の診断などを提供し、ウェブサイトにおける事業継続を支援。報告会を実施し、調査や診断の結果を説明する。

WAFはにはセキュアスカイ・テクノロジーの「Scutum」を活用。あらたな脆弱性についても、随時シグネチャを更新して対応し、サービスを止めずにウェブサーバの調査を実施することができるという。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す