Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年第1四半期のインシデント報告数は微増、マルウェアサイトが増加 - JPCERT/CCレポート

JPCERTコーディネーションセンターは、2012年第1四半期のインシデント報告状況を取りまとめた。

レポートによると、同四半期のインシデント報告件数は2699件で、前四半期の2501件から8%増加した。月別で見ると最多だったのは3月で、1050件に上っている。このうち、サイト管理者などに問題解決のため調査と対応を依頼した件数は754件だった。

報告を受けたインシデントをカテゴリ別に見ると、もっとも多かったのはシステムの弱点を探索したと見られる「スキャン」で1823件。全体の71.9%を占めた。

次に多かったのは全体の11%にあたる「フィッシングサイト(324件)」で、前四半期の314件から増加した。国内ブランドを装ったサイトは58件で、前回より減少する一方、国外ブランドを装ったケースは221件で、前回の198件を上回った。種類別に見ると、金融関連サイトが63%で半数以上にのぼる。

3番目に多かったのが、前四半期から31件増となった「マルウェアサイト(162件)」。さらに「ウェブサイトの改ざん(142件)」と続く。サイトの改ざんは前回の164件から減少したが、2月に集中し、1カ月で80件の報告を受けたという。

(Security NEXT - 2012/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告