Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、中堅企業向けにWAFや管理製品など4製品を投入

フォーティネットは、中堅企業向けにネットワークセキュリティアプライアンスの新モデル4機種を順次発売する。

「FortiMail-400C」は「FortiMail-400B」の後継にあたるメールセキュリティアプライアンス。従来より処理能力を増強しており、メールルーティングで1時間あたり40万件、スパム対策で35万件、あわせて利用した場合に32万件の処理が可能。

一方、「FortiManager-400C」では、デバイス検出やグループ管理機能を搭載しており、アプライアンスやクライアントのエージェントを最大300台まで集中管理に対応している。

ログデータの収集や分析などレポート機能を提供し、従来製品からメモリやストレージの容量を拡大した「FortiAnalyzer-400C」やウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb-400C」についても順次投入する。

(Security NEXT - 2012/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit