Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出回避を狙った巧妙な手口の標的型攻撃に注意

暗号化した文書ファイルをメールの添付ファイルとして送り付け、セキュリティ対策ソフトの検出を逃れるなど、標的型攻撃が巧妙化している。

トレンドマイクロによれば、今回同社が確認したのは、暗号化したWordファイルを送り付ける手口。暗号化されているため、セキュリティ対策ソフトでは検知できない可能性がある。

さらに今回の攻撃では、情報漏洩対策としてパスワードを別途メールで送付する商習慣についても模倣するなど、手の込んだ犯行だった。

また同社は、「Wordファイル」と「dllファイル」をzip形式で圧縮して送付し、両ファイルを連携させた標的型攻撃についても、複数の企業で確認した。いずれのケースも、悪用された脆弱性など詳細については、現在解析を進めている段階だという。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは