Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で車上荒らし、高齢者の個人情報含む名簿紛失 - 名古屋市

名古屋市は、委託先の立山システム研究所において、一人暮らし高齢者や重度身体障害者を対象とした緊急通報事業の利用者名簿1383人分が盗難に遭ったと発表した。

盗難被害に遭ったのは、一人暮らし高齢者緊急通報事業の利用者1300人、および重度身体障害者緊急通報事業の利用者83人の個人情報が記載された利用者名簿。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

3月31日0時15分ごろ、委託先企業の従業員が市内飲食店の駐車場で車上荒らしに遭い、鞄ごと盗まれたという。同市および委託先では、対象となる利用者へ謝罪文を送付した。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
区画整理事業の建物移転補償に関する書類を紛失 - 川崎市
児童向けイベントの連絡メールで誤送信 - 神戸市