Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で車上荒らし、高齢者の個人情報含む名簿紛失 - 名古屋市

名古屋市は、委託先の立山システム研究所において、一人暮らし高齢者や重度身体障害者を対象とした緊急通報事業の利用者名簿1383人分が盗難に遭ったと発表した。

盗難被害に遭ったのは、一人暮らし高齢者緊急通報事業の利用者1300人、および重度身体障害者緊急通報事業の利用者83人の個人情報が記載された利用者名簿。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

3月31日0時15分ごろ、委託先企業の従業員が市内飲食店の駐車場で車上荒らしに遭い、鞄ごと盗まれたという。同市および委託先では、対象となる利用者へ謝罪文を送付した。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
委託先がメルマガ誤送信、顧客のメアド流出 - 阪神電鉄
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード