Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと大塚商会、中小企業向けにサーバ防御サービスを提供 - 脆弱性攻撃やウイルスから防御

大塚商会とトレンドマイクロは、中小企業のサイバー攻撃対策で協業し、5月22日より「サーバプロテクションサービス」を提供開始する。

同サービスは、標的型攻撃など脆弱性を悪用する攻撃や、マルウェアの感染からサーバを保護するサービス。大塚商会が「Trend Micro Deep Security」のエージェントをサーバに遠隔からインストールし、大塚商会のデータセンターで管理サーバを提供する。

サービスラインナップとして、脆弱性への攻撃を防御する「仮想パッチモデル」と、不正プログラム感染を防止する「ウイルス対策モデル」を用意。両方セットにした「フルモデル」も提供する。

1年間利用した場合、サーバ1台あたりの料金は「仮想パッチモデル」が8万400円、「ウイルス対策モデル」が4万2960円。フルモデルが12万3000円。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」