Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと大塚商会、中小企業向けにサーバ防御サービスを提供 - 脆弱性攻撃やウイルスから防御

大塚商会とトレンドマイクロは、中小企業のサイバー攻撃対策で協業し、5月22日より「サーバプロテクションサービス」を提供開始する。

同サービスは、標的型攻撃など脆弱性を悪用する攻撃や、マルウェアの感染からサーバを保護するサービス。大塚商会が「Trend Micro Deep Security」のエージェントをサーバに遠隔からインストールし、大塚商会のデータセンターで管理サーバを提供する。

サービスラインナップとして、脆弱性への攻撃を防御する「仮想パッチモデル」と、不正プログラム感染を防止する「ウイルス対策モデル」を用意。両方セットにした「フルモデル」も提供する。

1年間利用した場合、サーバ1台あたりの料金は「仮想パッチモデル」が8万400円、「ウイルス対策モデル」が4万2960円。フルモデルが12万3000円。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート