Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと大塚商会、中小企業向けにサーバ防御サービスを提供 - 脆弱性攻撃やウイルスから防御

大塚商会とトレンドマイクロは、中小企業のサイバー攻撃対策で協業し、5月22日より「サーバプロテクションサービス」を提供開始する。

同サービスは、標的型攻撃など脆弱性を悪用する攻撃や、マルウェアの感染からサーバを保護するサービス。大塚商会が「Trend Micro Deep Security」のエージェントをサーバに遠隔からインストールし、大塚商会のデータセンターで管理サーバを提供する。

サービスラインナップとして、脆弱性への攻撃を防御する「仮想パッチモデル」と、不正プログラム感染を防止する「ウイルス対策モデル」を用意。両方セットにした「フルモデル」も提供する。

1年間利用した場合、サーバ1台あたりの料金は「仮想パッチモデル」が8万400円、「ウイルス対策モデル」が4万2960円。フルモデルが12万3000円。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加