Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Instagram利用者の個人情報を狙うスパム「Instaspam」に注意

写真共有SNSである「Instagram」上で、コメントスパムが出回っており、米Symantecがユーザーに注意を呼びかけている。

同社が確認したのは、「Instagramと提携した有名企業よりギフトカードがもらえる」などと騙し、アフィリエイトサイトで個人情報を送信させる手口。

ユーザーが投稿した写真に「賞品がもらえる」とコメントを残してプロフィールページへ誘導。さらに同ページより短縮URLで外部サイトへアクセスさせ、電話番号など個人情報を入力させるという。

誘導先は単なるアフィリエイトページで、スクロールしないと見えない部分に、スパムの内容と異なる契約条件などが記載されており、誤って個人情報を送信すると、会員登録や購入手続きとなったり、スパム送信に利用されるなど被害に遭う可能性がある。

今回Symantecが確認したケースでは米国の家電量販店である「Best Buy」が利用されており、同社やInstagramに苦情が寄せられているという。Symantecでは、不審なユーザーを見かけたら、スパムアカウントを「Instagram」へ報告するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し