Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合併した旧AIGエジソンの契約者リストを駅トイレで発見 - ジブラルタ生命

ジブラルタ生命保険は、同社と合併した旧AIGエジソンの生命顧客情報リストを、駅トイレより回収したことを明らかにした。同社は詳しい経緯を調べている。

回収したのは、2012年1月1日に同社と合併した旧AIGエジソン生命の顧客リスト。3月19日に千葉県幕張本郷駅の男子トイレで拾得され、26日に警察から同社へ連絡がありリストを回収した。

同リストには、2005年7月1日以前に契約した315人の契約者の氏名、住所、電話番号、生年月日、証券番号、契約日などが記載されていた。不正利用や二次被害などは確認されていない。同社では経緯を特定を進めるとともに、対象となる顧客に連絡し謝罪する。

(Security NEXT - 2012/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西