Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、脆弱性含むJavaプラグインの読込をFirefoxで無効化

「Firefox」を開発するMozillaは、Javaの脆弱性に配慮し、脆弱性を含むプラグインの読み込みを無効化する措置を実施した。

Windows版について、「Java SE 7 Update 2」「同6 Update 30」および旧バージョンに深刻な脆弱性が含まれており、すでに攻撃が発生していることからブロックリストに追加したもの。

対象となるプラグインを使おうとした場合、ダイアログを表示し、ユーザーが有効化の継続を選択しない限り、プラグインは無効化されるという。

Mac版についても同様の措置を実施する予定。Mozillaでは、脆弱性が修正された最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
セキュリティアップデート「Firefox 62.0.3」がリリース - 深刻な脆弱性2件を修正