Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、脆弱性含むJavaプラグインの読込をFirefoxで無効化

「Firefox」を開発するMozillaは、Javaの脆弱性に配慮し、脆弱性を含むプラグインの読み込みを無効化する措置を実施した。

Windows版について、「Java SE 7 Update 2」「同6 Update 30」および旧バージョンに深刻な脆弱性が含まれており、すでに攻撃が発生していることからブロックリストに追加したもの。

対象となるプラグインを使おうとした場合、ダイアログを表示し、ユーザーが有効化の継続を選択しない限り、プラグインは無効化されるという。

Mac版についても同様の措置を実施する予定。Mozillaでは、脆弱性が修正された最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
脆弱性指摘受けた「Foxit Reader」、25日にパッチ公開予定
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
「Java SE」の脆弱性31件を解消するアップデート - Oracle
Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正