Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、脆弱性含むJavaプラグインの読込をFirefoxで無効化

「Firefox」を開発するMozillaは、Javaの脆弱性に配慮し、脆弱性を含むプラグインの読み込みを無効化する措置を実施した。

Windows版について、「Java SE 7 Update 2」「同6 Update 30」および旧バージョンに深刻な脆弱性が含まれており、すでに攻撃が発生していることからブロックリストに追加したもの。

対象となるプラグインを使おうとした場合、ダイアログを表示し、ユーザーが有効化の継続を選択しない限り、プラグインは無効化されるという。

Mac版についても同様の措置を実施する予定。Mozillaでは、脆弱性が修正された最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応