Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、BYOD向けセキュリティ対策製品の最新版

マカフィーは、個人が所有するモバイル端末の業務利用を実現するセキュリティソリューションの新版「McAfee Enterprise Mobility Management 10.0」を提供開始した。

同製品は、従業員が所有するモバイル端末の安全な業務利用をサポートし、業務情報の漏洩を防ぐソリューション。1サーバあたり1万5000台のデバイスを管理できる。

最新版では、AndroidおよびiOS対応の「Application Blacklist」を搭載。許可されていないアプリへのアクセスや、不適切なサイトへのアクセスをブロックする。

さらにiOS向けの機能として、個人のメールボックスから社内メールの転送を防ぐ「サンドボックス」機能や、業務情報をiCloudへ保存することを防ぐ「Block iCloud Backup」機能を追加。Android向けには、業務データとプライベートなデータを分離する機能を提供予定だという。

(Security NEXT - 2012/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調