Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本の「IE 6」利用率は6.1%で世界第3位 - 半数近くの組織が利用との調査結果も

「Internet Explorer」の旧バージョンに対する自動アップグレードは、1月よりブラジルとオーストラリアよりスタートしたが、ついに3月27日より日本国内でも開始された。

今回の自動アップグレードでは、OSにあわせて最新版へとアップグレードするもの。「Windows XP」に搭載され、サポート中のブラウザとしてもっとも古い「同6」は、2001年に登場。その後、インターネットにおける脅威の発生に伴い、セキュリティ対策を強化した新バージョンが投入されており、現在の最新版は「同9」となる。

同社が調べた2月末の時点での「同6」の使用率を見ると、米国が0.8%、イギリスが1.4%で北米やヨーロッパでは1%台や1%未満となっているのに対し、日本は6.1%と高い割合を示している。

特にアジア圏の割合が高く、中国(23.8%)や韓国(6.3%)に次いで日本は3番目に利用率が高く、新バージョンへの移行が進んでいないという。

こうした旧バージョンを利用する状況がより顕著に数字として現れたケースがある。日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が実施した調査だ。

同会が2011年11月から12月にかけて、加盟企業445社や官公庁104団体を対象に実施した調査したところ、IE利用者のうち46.8%が「同6」やそれ以前のバージョンを利用していると回答している。

日本マイクロソフトでは、引き続き「同6」のサポートを続けるが、今回の自動アップグレードを通じてセキュリティやパフォーマンスが強化された最新ブラウザの普及を推進。自動アップグレードだけでなく、ユーザーが積極的にアップデートを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査