Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マイクロソフト、国内でIEの自動アップグレードを開始

日本マイクロソフトは、「Internet Explorer」の自動アップグレードを国内で開始した。

120328ms_01.jpg
IEの強化ポイント(図:日本マイクロソフト)

同社は、3月6日にアップデートの実施予定をアナウンスしていたが、3月27日より正式に開始したもの。一斉アップデートではなく、順次展開していく予定で、「Windows XP」は「IE 8」へ、「Windows Vista」以降は「IE 9」へ自動的にアップグレードされる。

旧バージョンと比較し、最新版ではフィッシング対策やマルウェア対策などが強化されている。またパフォーマンスの向上もメリットのひとつとして同社はアピールしている。

なお、同社が配布する無効化ツールキットを利用している場合や、「Microsoft Windows Server Update Services(WSUS)」「System Center Configuration Manager(SCCM)」「Windows Intune」など管理コンソールによって一元管理している場合、「IE 8」や「同9」の自動更新にあたり、インストールを拒否している場合は、自動アップグレードの対象とはならないため、注意が必要。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
「Drupal」に「Drupalgeddon 2.0」とは別の脆弱性、更新が公開 - 早くも悪用を観測
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新