Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コピーや印刷を防止する「コプリガード」に新機能追加 - TSS LINK

ティエスエスリンクは、データのコピーや印刷を制御するソフトの最新版「コプリガード Ver.2.0」を発売した。最新版では、ファイルのコピーやメール添付を禁止できる。

同製品は、データのコピーや印刷、画面キャプチャなどを禁止するソフトウェア。管理サーバは不要で、PCにソフトをインストールするだけで利用できる。

PCごとに各操作の禁止と許可の設定ができるため、部署や役職ごとに異なるポリシーにあわせた柔軟な運用が可能。アプリケーションごとの設定にも対応している。

最新版では、ファイル制御機能があらたに追加。USBメモリなど外部メディアへのコピーや保存のほか、メールへの添付やウェブへのアップロードなどを禁止できるようになった。

価格は、基本パッケージが52万5000円。1ライセンス1万500円から。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー