Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Symantec、モバイルアプリ管理の「Nukona」を取得

米Symantecは、モバイルアプリケーション管理ソリューション(MAM)を提供しているNukonaを買収すると発表した。買収手続きは4月中に完了する予定だが、買収額は明らかにされていない。

Nukonaは、アプリとデータの配信、保護、制御を実現するソリューションを展開。デバイス管理とは異なる面からデータ保護を実現している。

「iOS」「Android」「HTML5」のアプリをネイティブに保護することが可能。ユーザーのアプリ利用を制限することなく、企業データと個人データを分離し、企業データの認証や暗号化などアプリケーション単位で対応できるという。

同社は、今月上旬にモバイルデバイス管理ソリューション(MDM)の基盤技術を持つ「Odyssey Software」についても買収しており、デバイスとアプリケの両面からエンタープライズ向けソリューションとして提供し、個人所有のデバイスを活用する幅広いユーザーニーズに対応する。

(Security NEXT - 2012/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」