Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとALSOKが業務提携 - 標的型攻撃対策サービスを提供

ラックと綜合警備保障(ALSOK)は、情報セキュリティサービスの提供で業務提携すると発表した。

ALSOKは、「ネットワーク監視」など、これまでも情報セキュリティサービス「情報警備」を展開してきたが、今回の提携を通じ、人的対策サービスの充実化を図る。

手始めに、メールによる標的型攻撃の疑似訓練により従業員のセキュリティ意識を高めたり、対策状況を可視化できるラックの「ITセキュリティ予防接種」を3月27日よりスタート。

今後ALSOKでは、サービスメニューの強化に向け、ラックの「情報セキュリティ教育サービス」についてもラインナップへの追加を予定しているという。

(Security NEXT - 2012/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

予防接種予診票が風にあおられ飛散、一部回収できず - 熊本市
政府、個人情報保護法改正案を閣議決定 - 個人情報DB提供罪も
黄熱の予防接種を受けた30人の個人情報が所在不明に - 厚労省
委託医療機関が乳幼児の予防接種や健康診断関連の書類を紛失 - 大阪市
ラック、標的型メール訓練の被疑者アンケートを取りまとめ
ラック、疑似的な標的型攻撃による教育サービスを開始
メール通数少ないユーザーほど標的型攻撃メールを開封する傾向 - JPCERT/CC調べ
個人情報添付した職員間のメールを誤ってメーリングリストへ - 神奈川県
疑似標的型攻撃による「予防接種」の調査報告書 - JPCERT/CC
「ITセキュリティ予防接種」の協力企業を募集 - JPCERT/CC