Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 5.1」のSafariにURL偽装の脆弱性 - フィッシングなどに悪用されるおそれ

iPhoneやiPadなどに搭載されている最新版OS「iOS 5.1」に搭載されたブラウザ「Safari」にURL偽装の脆弱性が含まれていることがわかった。

120323ms_01.jpg
PoCによる再現。ifameで呼び出したURLがアドレスバーに表示される

セキュリティの専門家であるMajorSecurityのDavid Vieira-Kurz氏がアドバイザリで明らかにしたもの。「iOS 5.1」以前のバージョンも影響があるほか、同OSを搭載する最新型のiPadでも再現できたという。MajorSecurityでは実際に脆弱性を体験できるページを公開している。

Javascriptの「window.open」メソッドに脆弱性があるもので、アドレスバーのURLの偽装が行われる可能性がある。「iframe」で開いたサイトのURLをアドレスバーに表示できるため、フィッシングサイトやマルウェア配布サイトなどに悪用されるおそれがある。

現在、脆弱性を修正する方法はなく、同社はアドバイザリでAppleより更新プログラムが提供され次第、適用するべきと危険性を指摘している。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース