Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む「後期高齢者医療審査会」の裁決書を紛失 - 大阪府

大阪府は、審査請求者11人の個人情報含む「大阪府後期高齢者医療審査会」の裁決書原本を紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2011年11月5日に開催された後期高齢者医療審査会の裁決書原本。審査対象となった11人の氏名、住所、生年月日、年間所得額などが記載されている。

2月に、裁決書の写しを審査請求人および処分庁へ送付した後、原本を所定のファイルに綴じずに別のファイルに挟んだまま保管書庫内に収納。3月8日、裁決書の移動に伴い整理を行った際、紛失が判明したという。

保管書庫は通常施錠されていることから、外部への持ち出しはなく不要文書とともに誤廃棄された可能性が高いと説明。同府では、関係者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県