Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む「後期高齢者医療審査会」の裁決書を紛失 - 大阪府

大阪府は、審査請求者11人の個人情報含む「大阪府後期高齢者医療審査会」の裁決書原本を紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2011年11月5日に開催された後期高齢者医療審査会の裁決書原本。審査対象となった11人の氏名、住所、生年月日、年間所得額などが記載されている。

2月に、裁決書の写しを審査請求人および処分庁へ送付した後、原本を所定のファイルに綴じずに別のファイルに挟んだまま保管書庫内に収納。3月8日、裁決書の移動に伴い整理を行った際、紛失が判明したという。

保管書庫は通常施錠されていることから、外部への持ち出しはなく不要文書とともに誤廃棄された可能性が高いと説明。同府では、関係者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県