Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報含む最大26万件の個人情報が流出のおそれ - ベクター

ベクターの一部サーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は現時点で想定される個人情報の流出規模について明らかにした。

同社では、3月21日に発生したサーバの異常をきっかけに、3月19日21時前から3月21日0時過ぎにかけて行われた4回にわたる不正アクセスの形跡を把握。原因を調べていた。

同社によれば、不正アクセスを受けた一部サーバには、当時最大26万1161件の個人情報が保存されており、全データが流出している可能性もあるという。一部クレジットカード情報も含まれる。

同社では不正アクセスが判明した21日より不正アクセスの経路を遮断。サーバ間のアクセス制限やログインパスワードの変更など対策を実施。また同サーバ上から個人情報を削除した。

同社では引き続き調査を進めており、今後も判明した情報を開示するほか、再発防止策や顧客に対する補償方針など、決定次第公表したいとしている。

(Security NEXT - 2012/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ