Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、24時間体制でウェブアプリを監視するサービスを提供

SCSKは、ウェブアプリケーションのセキュリティ監視を行う「Protection Expert/Webアプリケーションセキュリティ監視サービス」を提供開始した。

同サービスは、24時間体制で対応するウェブアプリケーションのセキュリティ監視サービス。F5ネットワークスジャパンの「BIG-IP Application Security Manage」を活用し、イベントログの収集や解析を行うほか、イベント発生時の正常、誤診の確認ほか、管理者への通知、月次報告などを提供する。

また定期メンテナンスとして、年2回のシグネチャアップデートおよびチューニング、誤検知時のポリシー変更にともなうリスク分析、アプリケーションの仕様変更にあわせたWAF設定の見直しを提供する。月額料金は52万5000円から。

(Security NEXT - 2012/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ