Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、企業向けメールフィルタリングソフト最新版

デジタルアーツは、法人向けメールフィルタリングソフトの最新版「m-FILTER Ver.3.1」を発売した。

同製品は、メールの送受信制御を行う「m-FILTER MailFilter」、メールの全文保存と検索を可能とする「m-FILTER Archive」、スパム対策機能「m-FILTER Anti-Spam」を備えたメールフィルタリングソフト。

最新版では、AES256ビット形式で添付ファイルをパスワードロックする機能を追加。従来のパスワードロック方式とあわせて用途に応じて利用できる。また「正規表現」による送受信制御機能を搭載しており、ルールをより柔軟に設定できる。

さらに、スパム対策として「グループに所属しないアドレスの拒否機能」を追加。これにより、実在するアドレスをあらかじめグループに登録することで、実在しないアドレス宛てのスパム転送によるメールサーバの負荷を軽減できる。

価格は、30ユーザーで90万2212円から。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など