Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、最大25万台のモバイル端末を一元管理できるMDM製品

日本IBMは、モバイル端末のセキュリティポリシーなどを一元管理できるMDMソリューション「IBM Endpoint Manager for Mobile Device V8.2」を発表した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末を管理サーバで一元管理できるソリューション。管理コンソールと各端末用のエージェントソフトで構成されており、ソフトが導入されたモバイル端末のモデル名やユーザー名、インストールアプリなどの情報を一元管理できる。

また、端末の位置情報をリアルタイムに把握したり、遠隔操作による画面ロックやデータ消去などの紛失対策機能のほか、データ暗号化、パスワードルールの設定、カメラの使用禁止、メールへのアクセス制限などの機能を、企業ポリシーにあわせて運用できる。

対応OSは「iOS」「Android」「Windows Phone」。PCやサーバを管理する「IBM Tivoli Endpoint Manager」と組み合わせることで、企業で利用しているあらゆるデバイスの一元管理が可能になる。価格は、管理端末1台あたり9093円。

(Security NEXT - 2012/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」