Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、海賊版の起動を阻止するAndroidアプリ変換サービス - 難読化で解析も防止

大日本印刷(DNP)は、Android端末向けアプリを改ざんしにくいよう変換する新サービスを4月より提供開始する。

今回同社が開始するのは、同社が開発したソフトウェアを用いてAndroidアプリを改ざんしにくいよう変換するアプリ提供事業者向けサービス。プログラムの難読化により、ノウハウの流出も防げるという。

同サービスを通じて変換したアプリは、第三者による改ざんを自身で自動的に検知。起動しても強制的に終了するため、第三者による不正な機能の追加や、コンテンツを差し替えた海賊版の利用を未然に防止する。

価格は、年間1回処理パッケージが105万円。複数回の処理に提供する手ごろなパッケージも用意している。同社では、同サービスの提供により2012年度に約1億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2012/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も