Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2011年下半期の注目すべき情報セキュリティ先端技術の動向を解説

情報処理推進機構(IPA)は、2011年下半期における「情報セキュリティ技術動向調査」を取りまとめた。

同調査は、「情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ」により情報セキュリティ分野における先進の技術動向について話し合い、注目すべき話題について専門委員が解説したもの。

今回取り上げたテーマは、FreeBSD 9.0より実装された「capsicum」をはじめ、「NIST SP 800-63-1 電子認証に関するガイドライン」「OpenID Connect」「JOSE - ウェブオブジェクトツリーへのデジタル署名と暗号化」「非同期の他源泉リクエストとあらたな脅威」「クラウドコンピューティングセキュリティ - VXLAN/NVGREによるネットワーク分離」「インターネット経路制御のセキュリティに関する動向 - BGPSEC」の7件。

報告書は、情報処理技術者を読者として想定しており、同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2012/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類