Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2011年下半期の注目すべき情報セキュリティ先端技術の動向を解説

情報処理推進機構(IPA)は、2011年下半期における「情報セキュリティ技術動向調査」を取りまとめた。

同調査は、「情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ」により情報セキュリティ分野における先進の技術動向について話し合い、注目すべき話題について専門委員が解説したもの。

今回取り上げたテーマは、FreeBSD 9.0より実装された「capsicum」をはじめ、「NIST SP 800-63-1 電子認証に関するガイドライン」「OpenID Connect」「JOSE - ウェブオブジェクトツリーへのデジタル署名と暗号化」「非同期の他源泉リクエストとあらたな脅威」「クラウドコンピューティングセキュリティ - VXLAN/NVGREによるネットワーク分離」「インターネット経路制御のセキュリティに関する動向 - BGPSEC」の7件。

報告書は、情報処理技術者を読者として想定しており、同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2012/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも