Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通運、個人情報含む信書の輸送に対応する「特定信書便プレミアム」

日本通運は、個人情報含む信書の輸送に対応した新サービス「特定信書便プレミアム」を提供開始した。

「特定信書便プレミアム」は、個人情報含む信書便を、セキュリティ対策を講じた体制で輸送するサービス。集配を行うドライバーにはセキュリティ教育を実施しており、ITシステムと輸送明細書によるセキュリティチェックを実施するという。

また機密性の高い専用のバッグや封筒を使用。紛失や漏洩事故が発生した場合に、データの再作成費用をはじめ、謝罪広告やマスコミ対策などの事故対応費用を補償する保険を付帯した。

料金については全国13ブロックのブロック別料金を採用。同社では、今後1年間に6億円の売上を目標としている。

(Security NEXT - 2012/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
日通、個人番号カード特化した自治体向け配達サービス
防犯監視機能付きGPS端末を利用したセキュリティ航空便サービス
アナログデータの電子化サービスにセキュリティ配送オプションを追加 - アシストマイクロ
オフィスIT機器の管理運用アウトソーシングサービス - 日立電サ
バイク急便、セキュリティ輸送サービスをFC展開により全国規模へ
文書を出張裁断する車両「KYBサイダーン」 - 圧縮技術応用で高積載を実現
貸し切り便で機密書類を回収、溶解するサービス - ヤマトロジスティクスら
阪急CS、個人情報記載書類のリサイクルサービス「シュレッドボックスα」を開始
使用済みPCのデータを消去して漏洩を防止 - NEC