Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホを置き忘れたらどうなるか - シマンテックが50台で実験

米Symantecは、スマートフォン50台を意図的に置き忘れ、拾得者によってどのように扱われるか調査する実験「Symantec Smartphone Honey Stick Project」を実施した。

同実験は、スマートフォン50台にダミーの企業データや個人情報を入れたうえで意図的に放置。端末が拾得者によってどのように扱われるか調査したもの。

ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコの米国4都市、カナダのオタワのあわせて5都市で、ショッピングセンターやエレベーター、バス停など公共の場所で調べた。

実験の結果、拾ったスマートフォンを持ち主に返却しようととした人は半数。また返却する、しない関わらず、拾得後に全体の96%が、端末内のデータへアクセスしようと試みたという。

拾得者が内部データへアクセスした理由としては、持ち主を割り出そうとしたケースもあるが、それ以外の関連ないデータへアクセスしようとしたケースも少なくない。

具体的には、発見者の6割がソーシャルメディア情報やメールなどパーソナルな情報にアクセス。ほぼ半数が持ち主の銀行口座へアクセスしようとした。

8割が「給与」や「人事」など企業に関連していることが明白なファイルへのアクセスを試みたほか、半数は、リモート管理アプリの実行を試そうとしたという。

同社ではこうした紛失リスクを防ぐため、企業では内部情報の保護を重視し、従業員に重要性を教育する必要があると説明。パスワード対応のスクリーンロックの義務付け、紛失時の対処プロセスの策定など、企業のエンドポイントとして管理する必要性を指摘している。

また一般ユーザーについても、スクリーンロック機能によるパスワード保護や、紛失や盗難対策機能を備えたスマートフォン専用のセキュリティソフトウェアの活用を勧めている。

(Security NEXT - 2012/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害