Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でプリペイドカードの決済データ誤送信が発生 - トラベレックス

トラベレックスジャパンは、同社プリペイドカードの決済データが、業務委託先である米MasterCard Internationalから外部へ誤って送信されていたことを明らかにした。

誤送信されたのは、同社が発行している海外専用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」に関する決済データ9523件。カード番号、取引金額、通貨コード、加盟店所在地などが含まれるが、これらの情報から個人を特定することは不可能だという。

2011年10月7日から2012年1月6日までの間、委託先であるMasterCardが、人的ミスによりMasterCardからライセンスを受けた銀行3行に対しデータを誤って送信していた。

MasterCardから誤送信先に対しデータの削除を依頼しており、情報の不正利用などは確認されていない。またプリペイドカードの利用にも影響はないとしている。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協