Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックHD、ラックなど子会社3社と吸収合併した4月以降の体制やロゴマークを発表

子会社との吸収合併を4月に控えたラックホールディングスは、4月以降の新体制やロゴマークなどを発表した。

120312la_01.jpg
新ロゴ

同社は、現在子会社であるラック、エー・アンド・アイ システム、アイティークルーの3社を吸収合併し、4月1日より新会社「ラック」として事業を開始する予定で、新体制の人事やスローガンなどを明らかにしたもの。

新体制では、子会社の人材をセキュリティ事業本部、システム事業本部、営業本部に集中。各事業を連携させ、意思決定の迅速化や情報共有の促進をはかるとともに、組織の効率的な運営や統合的な営業体制を展開するという。

またサイバーセキュリティ研究所を引き続き設置し、研究開発を推進。また社内のエキスパートを理事として処遇する理事制を導入する。

あたらしいロゴは「地球・グローバル」をイメージ。一方スローガンは「安心とともに」で、安心とともに顧客や同社、社会も成長していく姿を表現したという。

(Security NEXT - 2012/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大
TwoFive、「PowerDNS」を発売 - パッチや攻撃対策を提供
顧客情報記載の書類が所在不明に - セディナ
50店舗で顧客情報含む帳票が所在不明 - 北おおさか信金
顧客情報18件含むリストが流出、会社に届けられ判明 - ジブラルタ生命
旧岐阜銀行休眠口座の印鑑票1万9000件が所在不明 - 十六銀行
退職した従業員が内部システムに不正アクセス、顧客情報が漏洩 - ジブラルタ生保
バックアップに利用した職員私用PCからファイル共有ソフトで情報流出 - 秋田市