Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

払込票誤送付で奨学生や連帯保証人の情報流出 - 日本学生支援機構

日本学生支援機構は、奨学生の連帯保証人に対し送付した払込取扱票に、別の保証人の払込票が混入していたことを明らかにした。

同機構によれば、3月1日に送付した払込取扱票において、作成時の手順のミスにより、一部払込票に別の保証人の払込票が混入していたという。誤送付の件数は252件で、連帯保証人の氏名と住所、および奨学金返還者の氏名、奨学生番号、請求金額、払込期限などが記載されていた。

3月5日に、別人の払込票を受け取った保証人から問い合わせがあり判明した。同機構では、関係者に対し謝罪するとともに、正しい払込票を送付するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2012/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6.2万人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 関西大
奨学金支給対象者の個人情報や口座情報含むファイルを誤送信 - 横浜市立大
学生約2万人分や保証人の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大東文化大
書類の紛失や誤送付など3件の個人情報関連事故を公表 - 住宅金融支援機構
信用保証書を関係ない金融機関へファックス送信 - 鳥取県信用保証協会
業務情報2万8000件含む県や公社のPCが建設事務所で盗難 - 愛知県
4支店で顧客情報600件含む帳票11種類42枚の紛失が判明 - 八千代銀行
学生などの個人情報を誤ってFTPでアップロード、ネットで閲覧可能に - 甲南女子大
JR大阪環状線内に成績報告書などを置き忘れ - 近畿大
顧客情報含む融資関連書類を紛失 - 淡路信金