Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け不正請求アプリが進化、位置情報を外部送信 - シャッター音と振動で威圧

トレンドマイクロによれば、Android端末を狙う架空請求アプリの機能が進化しているという。金銭の要求にくわえ、位置情報の送信機能を備えていた。

同社が確認したのは、アダルトサイトで閲覧時に必要なアプリとして配布されている「ANDROIDOS_FAKETIMER」ファミリー。ユーザーが誤ってインストールすると請求画面を表示し金銭の支払いを求める。

これまで見つかったワンクリックウェアと同様、メールアドレスや電話番号、端末情報、外部のサーバへ送信。さらにGPSにより位置情報を取得し、外部へ送信する機能も備えていた。

またユーザーが顔写真を撮影されたと錯覚させるようアプリケーション起動時にシャッター音を鳴らすほか、請求画面を表示する際にもシャッター音やバイブ機能で、ユーザーに心理的な圧力を加える。

同社によれば、同アプリのアンインストールは容易だが、あらかじめインストールされているアプリなどと酷似した名称でわかりにくいという。

(Security NEXT - 2012/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も