Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dropbox」を悪用する攻撃に注意 - リンク先がマルウェアのことも

人気オンラインストレージサービスである「Dropbox」が、スパムやマルウェアの配布に悪用されるケースを確認しているとして、シマンテックが注意を呼びかけている。

スパムによる攻撃では、「Dropbox」の公開領域にHTMLファイルを設置。さらにURL短縮機能を悪用して医薬品販売サイトへ誘導していた。同社では48時間に重複を含まない1200件のURLを確認しており、「Dropbox」へ通報、URLリストを提供したという。

また「Dropbox」上にトロイの木馬を保存し、メール上のリンクをクリックさせて感染させようとする攻撃をシマンテックでは確認している。「Dropbox」は利用者が増加しており、URLを信頼できると勘違いしているユーザーもいるとして同社は懸念を示している。

「Dropbox」のような著名なサービスに限らず、ユーザーがコンテンツをアップロードして公開できるサイトでは同様の攻撃に悪用される可能性があると同社は指摘、警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃