Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DLP製品による機密情報漏洩対策は約3割が実施 - トレンド調査

トレンドマイクロは、同社が提供する「サイバー攻撃」の無料診断サービスによる回答結果を取りまとめた。

回答591件を同社がまとめたところ、もっとも対策が進んでいたのが、クライアントPCやサーバにおけるセキュリティ製品の更新で、76.5%と4社に1社が最新の状態に保っていると回答した。

次に対策が進んでいるのが、公開システムと社内システムにおけるネットワークの分離で73.9%、重要度が高い情報へのアクセスを制限している企業も71.4%と7割を超えている。

一方、端末へ重要度が高い情報の保存を制限している企業は23.9%にとどまり、DLP製品などによる機密情報の漏洩防止についても実施率は30.5%と低調だった。同社は企業の機密情報などの重要な情報資産の管理が徹底されていないと指摘している。

(Security NEXT - 2012/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
6割「ネットでの完全なプライバシーの確保は不可能」
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に