Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシング被害の確認」を装ったフィッシング攻撃が発生 - ゆうちょ銀行が注意喚起

オンラインバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、ゆうちょ銀行や郵便事業が注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシングメールは、郵便事業の「お客様サービス相談センター」を装ったHTML形式のメール。メールの本文は、「ゆうちょダイレクトを装ったフィッシングサイトやウイルスの報告を受けている」などと利用者の不安を煽る内容だった。

さらに「異常が発生していないか確認する」などと騙して誘導。メール内にあるリンク先のフィッシングサイトで、顧客番号やログインパスワード、合言葉、暗号番号を詐取するという。

両社は、不審なメールを受信した場合は、リンクをクリックしたり添付ファイルを開かず、問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ