Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシング被害の確認」を装ったフィッシング攻撃が発生 - ゆうちょ銀行が注意喚起

オンラインバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、ゆうちょ銀行や郵便事業が注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシングメールは、郵便事業の「お客様サービス相談センター」を装ったHTML形式のメール。メールの本文は、「ゆうちょダイレクトを装ったフィッシングサイトやウイルスの報告を受けている」などと利用者の不安を煽る内容だった。

さらに「異常が発生していないか確認する」などと騙して誘導。メール内にあるリンク先のフィッシングサイトで、顧客番号やログインパスワード、合言葉、暗号番号を詐取するという。

両社は、不審なメールを受信した場合は、リンクをクリックしたり添付ファイルを開かず、問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple