Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年第4四半期はマルウェア配布サイトが急増、フィッシングサイトは減少へ - マカフィー調査

1日あたり9300件の不正サイトが、あらたに確認されている。マカフィーが、2011年第4四半期の状況を取りまとめたもので、前四半期の約1.4倍と急拡大している。

マルウェアや不審なプログラムを配布するサイト、フィッシング詐欺サイト、不審な振る舞いを見せるサイトなど、あらたに確認した不正サイトを集計したもので、1日平均6500件だった前四半期から9300件へと増加している。

もっとも多く観測されたのが米国で、次いでオランダ、カナダ、韓国、ドイツ、イギリス、ロシア、中国と続く。

不正サイトのうち、「マルウェア」や「不審なプログラム」を配布するサイトは1日平均6500件。前四半期の3500件から、大幅に増加した。一方、フィッシング詐欺サイトは1日平均2200件で、前四半期の2700件から減少している。

(Security NEXT - 2012/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強