Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidユーザーを狙ったゲーム関連アプリを装うマルウェアに注意

ゲームユーザーを狙うマルウェア。PCの世界では、ボットプログラムや関連ツールなど装った不正プログラムが流通しているが、Androidにおいてもゲームアプリのネームバリューに便乗し、周辺アプリとして配布されるマルウェアが発生している。

米Trend Microが、Androidマーケット上で不正アプリ37件を2月20日に確認したもので、いずれもゲームファンを狙ったアプリだった。問題のアプリは、正規ゲームを装うのではなく、サードパーティが開発したファン向けのアプリを装って登録されていた。

問題のアプリは、誤ってインストールするとFacebookでシェアを求めるという。また端末のホーム画面にショートカットを作成したり、広告の表示などを行う。

さらにOSのバージョンや端末識別番号(IMEI)、電話番号などの端末情報を外部へ送信する機能を備えていた。同社ではこれらアプリについて「ANDROIDOS_FAKEAPP.SM」として対応。すでに同社ではGoogleへ報告しており、すでにアプリは削除されている。

(Security NEXT - 2012/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止