Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサイン、スマホ向け証明書発行サービスにroot化検知機能 - 証明書の発行を禁止可能に

日本ベリサインは、スマートデバイス向け認証サービス「ベリサイン マネージドPKI for Device」に、管理者権限を不正に取得された端末を検知する新機能を追加した。

スマートフォンやタブレット端末において、許可された端末のみ社内ネットワークに接続できる電子証明書を利用した端末認証サービスを機能強化したもの。

最新版では、端末への証明書発行や管理を行う専用アプリ「MPKI Client」が、iOS端末における「Jailbreak」や、Android端末における「root化」を検知。これら行為を実施した端末への証明書の発行を禁止し、検知結果を管理ツールに記録できる。

同機能を利用するには、アプリのバージョンアップと証明書の新規発行、または更新が必要。対応OSは、iOS4.0以上、およびAndroid2.2以上となっている。

(Security NEXT - 2012/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
ソフトバンク、紛失携帯の捜索機能を強化 - 電源オフや圏外でも
海外で国内からのアクセス環境を実現する「どこでも日本」
MOTEXのMDM、「Windows 10」と「AD」に対応
DNPら、声で本人認証を行う「声紋認証」の開発を開始
Androidアプリセキュアコーディングガイドに最新英語版
NISC、初心者向け「情報セキュリティハンドブック」公開
アスタリスク、米Cigital製脆弱性テストサービスを提供
オプティム、MDMツール最新版 - Windows端末向け機能を強化
NTT東、スマホのBYOD向けにクラウドサービス