Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むデジタルカメラを紛失 - 藤沢市民病院

藤沢市民病院は、患者の個人情報が保存されたデジタルカメラが、診察室内から紛失していたことを明らかにした。

紛失したデジタルカメラは、皮膚科外来の診察室で利用していたもので、メモリ内部に患者の氏名、生年月日、患者番号、患部の画像などが保存されていた。今後の治療に影響はないとしている。

2月13日に紛失が判明したもので、同院では、対象となる患者に対し謝罪。同院では、カメラの施錠管理や、サーバへデータをコピーした後は、データ消去を徹底するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2012/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
案内メールを誤送信、メアドが流出 - レンズ型掃除機メーカー
災害現場の撮影画像含むデジタルカメラを紛失 - 茅ヶ崎市
医療センターで患者情報を記録したカメラが所在不明 - 兵庫
NICTがNTT-ATを指名停止処分 - HDD紛失で