Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、国際的なSSLサーバ証明書発行ガイドラインの和訳版を公開

GMOグローバルサインは、CA/ブラウザフォーラムで決定されたSSLサーバ証明書の発行ガイドライン「Baseline Requirements v.1.0」を日本語へ翻訳し、公開した。

同資料は、より信頼性の高いSSLサーバ証明書の発行、維持、失効を行うため、世界のパブリック認証局が指針とすべき規定をまとめたガイドライン。

SSLサーバ証明書の標準的な発行ガイドライン策定を目的に設立された業界団体「CA/ブラウザフォーラム」において2011年12月に決定されたもので、同社がフォーラムの許可を得て翻訳を行った。ウェブサイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2012/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施