Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人認証機能を備えたハイテクロッカーが名古屋で実証実験

豊田自動織機は、ICカードによる利用者の特定機能などを備え、荷物の受け渡しなどにも利用できるロッカーを開発し、名古屋交通開発機構と共同の実証実験を開始した。

今回実証実験を開始したのは、名古屋交通開発機構が発行する「マナカ」を決済や、固有IDにによる認証に利用し、利用履歴の保存や入出庫の時間、入出庫者の検索に対応するハイテクロッカー。

認証機能を備えたことで、従来ロッカーのような荷物の預かりだけでなく、通勤通学途中における荷物の受け渡しサービスなど利便性が向上するとして、調査を実施する。名古屋市営地下鉄の伏見駅、塩釜口駅の構内に設置されている。

(Security NEXT - 2012/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション