Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学連携でセキュリティ人材の育成スキームを構築

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、産学共同で情報セキュリティに精通した人材育成に向けて検討会を発足した。

同検討会には、同協会をはじめ、ICT教育推進協議会(ICTEPC)、日本セキュリティ監査協会(JASA)、JPCERTコーディネーションセンタのほか、有識者、セキュリティベンダーなど民間12社などが参加。検討会の座長には東京大学教授の江崎浩氏が就任、事務局は同協会が務める。

情報セキュリティの重要度が増す一方で、産業界の求める人材と教育機関で育てる人材の不一致や、教育機関における環境の未整備、企業側で継続的な教育ができないといった課題があることから、人材育成やスキル向上などの実現に向け、産学で連携して方策について検討する。

具体的には、教育内容の整備や受講環境の構築、単位互換制度やリカレント教育、インターンシッフ制度なと検討し、スキーム構築や提供を目指す。2012年6月までに課題を整理してスケジュールを決定し、2012年末までに計画を実施に移す予定。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化