Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学連携でセキュリティ人材の育成スキームを構築

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、産学共同で情報セキュリティに精通した人材育成に向けて検討会を発足した。

同検討会には、同協会をはじめ、ICT教育推進協議会(ICTEPC)、日本セキュリティ監査協会(JASA)、JPCERTコーディネーションセンタのほか、有識者、セキュリティベンダーなど民間12社などが参加。検討会の座長には東京大学教授の江崎浩氏が就任、事務局は同協会が務める。

情報セキュリティの重要度が増す一方で、産業界の求める人材と教育機関で育てる人材の不一致や、教育機関における環境の未整備、企業側で継続的な教育ができないといった課題があることから、人材育成やスキル向上などの実現に向け、産学で連携して方策について検討する。

具体的には、教育内容の整備や受講環境の構築、単位互換制度やリカレント教育、インターンシッフ制度なと検討し、スキーム構築や提供を目指す。2012年6月までに課題を整理してスケジュールを決定し、2012年末までに計画を実施に移す予定。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化