Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1月にモバイルマルウェア27件を確認

マカフィーは、1月におけるモバイルマルウェアの報告状況を取りまとめた。あらたに不正アプリ27件を確認している。

スマートフォンやタブレット端末を対象にしたマルウェアは、新種が5件、亜種が9件。不審なプログラムの新種が6件、亜種が7件だった。

1月の目立った動きとしては、Android搭載端末を狙い、架空請求を行うマルウェア「Android/OneClickFraud.A」が発見された。日本国内のアダルトサイトにおいて動画プレイヤーとして配布されていたという。

インストールすると、ユーザー情報のほか、「IMEI」「電話番号」「Googleのアカウント情報」を取得して外部サーバへ送信。さらにブラウザで架空請求のウェブサイトを表示し、金銭を要求する。

請求画面を表示し、金銭を要求するワンクリック詐欺は被害が拡大しており、1月に逮捕者が出た。従来PC向けの攻撃が中心だったが、Androidを対象としたマルウェアが登場したことで、情報処理推進機構(IPA)も注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に