Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、グループごとの管理者設定に対応したクラウド型MDMサービス

NECは、クラウド型のモバイル端末管理サービス「スマートデバイス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、業務に利用するスマートフォンやタブレット端末の管理サービス。紛失時の情報漏洩対策、デバイス制御、端末の一括設定、アプリケーション管理、端末情報やログ取得といった機能を提供。オプションとしてウイルス対策機能も用意している。

企業内の階層や部門などグループ単位で管理者を設置し、利用権限を設定できるため、企業の組織体制にあわせた柔軟な運用が可能。端末設定の自動化機能により、管理者の負担を軽減できる。

300IDで利用する場合の月額料金は、315円/ID。別途初期費用が31万5000円が必要。オプションのウイルス対策サービスは、210円/IDで提供する。

(Security NEXT - 2012/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版