Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮設住宅入居者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三井ホーム

三井ホームは、福島県が発注した仮設住宅の入居者の個人情報が保存されたUSBメモリを、工事担当者が紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、氏名、入居する棟および部屋番号など南相馬市の仮設住宅入居者64世帯のリストが保存されていたUSBメモリ。同県からプレハブ建設協会を通じて提供された資料をもとに作成したデータだという。

工事担当者が上着のポケットにUSBメモリを入れておいたところなくしたもので、1月29日から31日までの間に紛失したと見られている。

関係先など捜索したが見つからず、同社では、対象となる入居者に対して謝罪。プレハブ建設協会より国土交通省へ事故を報告している。

(Security NEXT - 2012/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸